一時帰国からNZに戻って

前回の続きから・・・

 

日本に(しばらくの間)家族を残し一人戻ってきたニュージーランド。

 

日本での生活が忙しかったとはいえ、友達や家族、親族に暖かく迎えられ充実した日々だったように思います。でも、そこからいきなり一人暮らしの生活に戻されてみました。

 

日本では「最初はさみしくないだろうけど、少しずつさみしくなるんだろうな」とか、考えていましたが、初日で既に相当さみしくなってしまいました。人って本当弱いもんですね。(俺だけ?)(ヤバイ度★★)

 

しかも帰ってきてすぐ次の日の夜、39度近くの熱と頭痛にうなされました。ベッドから出ることもままならない状態になってしまい、ますます家族のいない寂しさ&苦しさを体験しました。(ヤバイ度★★★)

 

家族のいない3ベッドルーム(3LDK)は一人には広すぎて、壁に貼ってある子供の写真を見ては話しかけたりしてました。(ヤバイ度★★★★★)

 

でもせっかく得た機会なので、一人暮らしも楽しもうと普段は行けない釣りにたくさん出かけてみました。あまり釣れませんでしたが・・・・ガッデム。
また、この期間に料理の腕も磨こうと、本を見ながらいろいろチャレンジしてみました。本を見ながらチャーハンを作ってみたのですが、これが絶品!でも家族と食べれないのがやはりさみしかったです。

 

 

やっぱり、俺にとってはなんだかんだいって、家族との生活こそが生甲斐なんだなと思いました。

 

 

一人になって2週間ほど経った後、一人暮らしにはずいぶんなれたけど、あの気持ちだけは忘れないようにしたいと思いました。

 

 

10月1日
妻と子供たちを空港まで迎えに行きました。家に戻り、その日の最初の食事はあの、覚えたてのチャーハンを作りました。子育ては大変だけど、やっぱり家族はいいなと思いました。

 

 

10月10日
やっぱり一人暮らしも捨てがたいと思うこともあるとかないとか。