避けられないもの

海外で生活をはじめて早17カ月が経ちました。

 

海外に住んでみてわかること

 

・・・日本にしかなかったもの
・・・日本でしか感じられなかったこと
・・・日本でしかできなかったこと

 

・・・海外に来て得られたもの
・・・海外でしか感じられないこと
・・・海外でしかできないこと

 

そして

 

・・・海外に来て避けられないこと

 

1週間ほど前、実家の祖父が亡くなりました。

 

 

ちょうど1年ほど前も祖母が他界したことをブログにしましたが
今度は祖父が後を追うように亡くなりました。

 

祖父は厳格で頑固。よくしかられたことを覚えています。
しかし晩年は気が弱くなったっというか
心に丸みをおびたというか
昔のような威風はなく、どことなくかわいいおじいちゃんに
なっていました。
特に電話で受け応えする様は、いつも以上にかわいいく
陽気な声で話してくれました。

 

僕がニュージーランドに経ったとき、
「もう、あいつの顔を見ることできんかもしれん」と
母の前で泣いたそうです。

 

幸いにも昨年9月に一時帰国できたので
祖父のまだ元気な顔を見ることができましたが
結局それが最後となりました。

 

今回も、その日が突然訪れたため帰国は間に合いませんでした。

 

 

号泣しました

 

 

 

祖母のときにも感じたことでしたが、
もう一生会うことができない、お別れのそのときに
その大切な人の顔を目に焼き付けておきたかった。

 

しかしその機会は永久に失われました。
無念です。

 

 

3月、状況が許せば日本に一時帰国をしてみたいと
思っています。
そのときは祖父の好きだった甘いものを買って帰ってあげたい。