車とバイクをNZに送る

昨日はいよいよ、車とバイクをNZに送るために、陸運局へ行ってきた。

 

車を海外に送るためには「輸出抹消仮登録証明書」
バイクを送るためには「軽自動車届出済証返納済確認書」が必要らしい。

 

それらを取得するためには、まず各車両を一時抹消登録をする必要があり、抹消登録には「住民票」「印鑑証明」が必要になる。各300円

 

それをもって、各都道府県の陸運局に持っていく。
書類の書き方は思ったより簡単。記載事項も少ない。
申請登録を受け付けている人に聞きながら作業をするとそれほど難しくないが、ちゃんと「輸出抹消仮登録証明書」を取得するための一時抹消登録手続きであることを伝えることが大切だ。
また、バイクと車の手続き費用として計1,160円かかった。

 

最後に、手続きでもらえた書類を持って市役所に行く。
ここで仮ナンバープレートを取得する。バイクと車、それぞれ750円。
この仮ナンバープレートは最大5日間有効のナンバープレートで、私の場合は廃車した車両を港まで輸送するために利用する。

 

計2,960円の作業だ。

 

これら車と書類を業者に引き渡す。

 

今回、車の輸送を依頼したのは「Take1」というNZでレンタカーなどもしている会社だ。
http://www.take1nz.jp

 

車検時の整備などで不備が見つかれば料金は変わってくるが、大まかに言うと
ワンボックス(MPV)の輸送費が3,290NZD(約260,000円)
オートバイ(VTZ250cc)が1,829NZD(約145,000円)かかる予定だ。

 

上記には以下の費用が含まれる。
TRS Port Service (通関、港湾手数料)
Handring B/L  (郵送費)
Others (Documents Transfer, YAMATO Transfer LTD)
MAF (検疫)
Delivery Order
Customs Entry (通関申請)
Port Service Charge (港湾手数料)
Govt Processing Fee (申請書式)
Freight  (船賃)
Cartage to Compliance (陸送費)
GST for import (輸入時消費税)
Compliance for VINZ (輸入車検査登録)
Import assist Fee (代行輸入手数料)

 

このTake1では車両輸送以外に、レンタカー業務もしているので現地で車の手配が楽に行えることも魅力の一つだ。何より手続きのことなど、本当に詳しく教えてくれたのでとても助かった。

 

車とバイクは11月2日の便で出航、オークランドには11月17日着予定。通関や陸送で約4日。コンプライアンスに3日。土曜日曜が入るので、順調に行けば11月25日に手元に届くらしい。

 

今後、車やバイクをニュージーランドに輸送する方はぜひ参考にしてください。


One thought on “車とバイクをNZに送る

Comments are closed.