春 & スポーツ

こんにちは。1か月ぶり更新です。
定例更新だから当たり前とか言わないで!(その通り過ぎて)

ニュージーランドでは今日からサマータイムです。
日本との時差はこの時期、3時間から4時間になります。

サマータイムといっても、まだ春の気候で桜も見ごたえのある季節です。



玄関前の庭には妻が植えた様々な植物が色づいてきました。



メインの木、クラブアップルを接写してみました。

さて話は変わりますがシバ兄家では、パパを中心として静かな運動ブーム
昨日、一誠が友達のバースデーパーティーに呼ばれたのですが、そこがロッククライミング遊技場みたいなところだったので、親子でハッスルしてきました。



子供たちにとっては、自分の何倍もの高さをよじ登っていくわけですから、スリル満点!
最初はやはり怖がっていましたが、慣れてきたら、きっちり頂上まで登れるようになりました。



それを見ていた僕も、つい思わず参戦。
まぁここらは流石大人ということもありますが、それなりに楽しめました。



頂上付近から撮った写真。わかりにくいけど結構な高さです。(約15メートル)

そして今日は、マウンテンバイクにも行ってきました。
Woodhillという場所で自転車持ち込みで$7、大人用自転車レンタル込だと$30です。



こんな林の中を走っていきます。



記念写真をパシャリ。まだアゴの肉が気になっています。



結構ご年配の方も愛犬と一緒に走っています。イカス!



行ってきまーすって感じの写真。この時が一番元気でワクワクしています。



コースのあちこちに、こういった木製の仕掛けみたいなのがあって、結構スリリングです。



スピードとか出しながら、次々にコースを制覇していくのが結構快感です。もちろん危険も伴いますが、その分楽しい!



中にはこんな場所も



でも、さすがにコレは無理です。下手したら骨折とか余裕かも。



結構ビビる感じの下り坂がいくつもあったりします。一番重要なのは気合です。



ちょっとした広場での休憩中のひとコマ。天気が良かったのでとても気持ち良かったです。



最後に今日のびっくり。6歳の息子より小さい女の子が、ヨタつきながら林の中へ。お父さんと息子じゃなくて、母と娘というコンビネーションがすごすぎ。

ってな感じで、ただ今運動ダイエット始めております。
現在の身長177cm、体重71kg(一糸まとわぬ状態で)

これがどのようになるのか。お楽しみに!


第1幕終了 & 最近の写真

皆さん、ずいぶんご無沙汰しています。

 

妻の妊娠、そして流産というつらい出来事があり、それをきっかけにブログの更新が停滞していました。
詳しいことは妻のブログに書いてあるので、ここでは割愛します。

 

ブログを更新しない期間、このブログの今後についても考えていました。
もともと、ニュージーランド移住についての内容を中心に書いていこうと思って始めたこのブログ。
海外移住という(自分にとっては)かなり高いハードルに立ち向かう中で、日本にいる家族や友人に状況を知らせる。また同じ目的を持っている方に生の情報を伝えていく。そんな目的からこのブログのタイトルは「永住日記 from ニュージーランド」でした。

 

出会いと別れ、苦難や試練もありましたが、同時に沢山の人に支えられ昨年6月、無事永住権を取得することができました。それから1年ほどたった現在は、生活もずいぶん軌道に乗り依然よりずっと心にも余裕が持てるようになりました。

 

そうした永住権取得までの道のりを綴っていくことは、僕にとって愚痴のはきだめ場ひとつのモチベーションだったのですがそれをクリアしたこともあって、このブログの第1幕は終了させようと思います。だって何気ない日々をレポートするのって面倒読み手は限られますし、モチベーションを維持できません。

 

っといっても、ブログが消滅するのではなく、タイトルやデザイン、メニューなどを変えて再スタートさせたいなと思っています。つまり第2幕です。

 

新しいタイトルでのメインコンテンツはまだ決まっていませんが、たぶんもっと独りよがりになると思います。自分のやっていきたいことをする。これが長く続けるコツだと思いますので。

 

そんじゃ最後はまた、最近の写真をペタペタしておきます。

 


大きななんかの木の上で
なんか、ツリーハウスを作るにはうってつけの木があったので、とりあえず登ってみた。登っただけだけど。

 


North Shore マラソン 01
2年前にも参加した 地元のマラソン大会に出場。タカプナからミルフォードまでの5キロのコースです。

 


North Shore マラソン 02
前回は最下位だったけど、今回はいいペースで走っています。

 


North Shore マラソン 03
見事ゴール、最後まで止まらず走り切ることができました。タイムはなんと58分でした。

 


朝市にて
久しぶりにMatakanaの朝市へ。暁音は遠視が強いらしく、矯正するためメガネを付けています。

 


カウリの巨木
ついでに近くにあるカウリの巨木があるという場所へ。樹齢800年だとか。普通の木よりめちゃめちゃ固い木でした。

 


Kumeuで一杯
帰りはKumeuでビールの試飲、$10くらいで5種類のビールを楽しめます。

 


Taurangaの紅葉 01
友人を訪ねてTaurangaへ。すごく天気の良い日があったので近くのParkにお弁当をもって出かけました。

 


Taurangaの紅葉 02
違うアングルから。友人の話ではピークよりは少し早かったようですが、十分綺麗でした。

 


イッセイ変顔
いやー、、、本当に清々し・・・くない!

 


昭和初期の子?
でも元気いっぱい!髪の毛短くしたイッセイが棒を振り回して遊んでいるのを見ると、昭和初期の子のように見えます。

 


紅葉の日差
紅葉も水も綺麗、自然いっぱいのニュージーランド。足元のデコボコの石はなんだろ?


2009春 – 2010新年 ミニアルバム

こんちひゃ!

っと、いきなりミスタイプでご挨拶です。

また1ヶ月更新の様相ですが、今日はお約束していた僕たちの生活がどんなのかを、また写真で紹介したいと思います。

ちなみに、今日は僕の誕生日です!

誰かが年を取るのは素敵なことだと言っていましたが
年を取ることが無条件に良いというわけではないことを
体のあちこちに現れる老化(俗にいうオヤジ化)現象が
物語っている今日この頃です。

年相応に中身もちゃんと成長しなくちゃ行けないわけですが
そっちの方は後退している気もする33歳でした。

今年の合言葉

「オレ、まだアラサーだから!」

 

はい、誰も聞いてませんね!

 

では、アルバムに移りますー。


一誠のKindyデビュー
3歳になった一誠くん。8月に、ついにKindyデビューです!暁音についていく感じでKindyにも慣れていた一誠は初日から元気いっぱいに突っ込んでいきました。わが息子ながらたくましい。


畑増設
ニュージーランドの作物は放っておいてもよく育つ。っということで、畑を増設しました!この畑からは今年は時なし大根と人参がおいしく収穫できています。


自転車の練習
暁音は5歳を前にコマ無し自転車にチャレンジ!最初はうまくできなかったけど、慣れるとスイスイ行けるようになった。一誠も「ホラ!ホラ!」っと自分も自転車が乗れることをアピール。でもあんた、、、コマ付きですから!ザンネ(ry


カタツムリ
一誠はカタツムリが大好き。ニュージーランドのカタツムリはかなり茶色っぽい。そういえば一誠が「将来何になりたい?」って聞かれた時、「カタツムリ」って答えていたなー。引篭もりにはなって欲しくないなぁ・・・。


暁音の誕生日
暁音の友達も多くなって、家でやるには手狭なのと、5歳という節目ということもあって、ある室内遊技場の一室を借りて誕生会。こんな誕生会、日本ではやっぱやらないよねぇ・・・?


暁音 小学校へ
ニュージーランドで5歳の誕生日を迎えた子は、そのままKindyを卒業して小学校のYear0(0年生)へ。その後1月の夏休みを経て1年生に上がります。なんか日本のランドセル姿を見るともう少し感慨深いものもあったのかなー。でも元気が何よりだ。


日本に一時帰国
9月末、日本への往復格安チケットが販売されたので、それを機に3週間の一時帰国。写真はお気に入り日本料理屋で双子の弟とメシ食ってるところ。やっぱ日本料理は何食ってもウマイっす。


実家
実家前で家族写真。故郷があるというのは本当に幸せだなぁっと思う。一誠はここでもスパイダーマンで注目の的でした。


クリスマスパレード1
ニュージーランドではどこの町でも、大体1度はパレードをする。夏のサンタは暑苦しいけど、それがニュージーらしいと感じるようになってきた。ところでミッキーの起用はやばくないか?


クリスマスパレード2
とりあえず元気な子どもたち。ラフな感じが海外っぽい?とりあえず元気が一番!


クリスマスツリー
今年買ったちょっと大きめのクリスマスツリー。ツリーの下にもらったプレゼントとかをちょっとずつおいていって、クリスマス当日の朝に一斉に開けます。子どもにとったら生殺しと思うのですが、それも文化だからしかたない。


正月ウォーキング1
今年の正月は車で一時間ほどの見晴らしのいい場所に散歩に行きました。天気が良かったので本当に気持ちのいい正月になりました。


正月ウォーキング2
肩車。一誠はまだ余裕があるけど、暁音はかなりヘビーになった。僕もオヤジにしてもらった肩車を思い出す。体力の続く限りは肩車をしてあげたいと思っている。


正月ウォーキング3
額縁のある丘。絵になる風景とはこのことかな。邪魔なのが4匹いるけど、なんか文句あっか?


海辺探検
近所の隠れ家的海辺を探検。大潮の引き潮だったので普段は行けないような岩場を散策したり洞窟っぽいのも見つけることができたらしい。


飛行機に乗った1
また社長の自家用飛行機に乗せてもらった。前回よりも天気が良くて、澄んだ海がとても綺麗で気持ちよかった。


飛行機に乗った2
普段見慣れた町も、空から見るとやっぱ面白い。住宅もたくさんあるけど、やっぱりニュージーランドは緑が多いなぁ。木の生えていない家なんてマレだからなぁ。


海の風景
広い空、広いビーチ。晴れた日に海に来ると、どんなヘタクソでもいい写真が取れると思うくらい綺麗。気づけば夏ももう半ば。今日の写真を載せていて、子どもたちともっと一緒に遊んであげようと思った。


2009年-冬アルバム

ニュージーランドにもようやく春が訪れようとしている今日この頃です。

 

最近、写真のない日記が続いていたので、ここは趣向を変えて、今年冬に撮った写真をまとめてみました。

 


気球イベント
3月28日、Hamiltonで催された気球イベントに行ってきました。さまざまな形の気球がありますが、どれもちゃんと飛べます。フィナーレだけに行ったので、飛んでいるところは見れませんでした・・・。

 


ある日の寝姿1
暁音の寝姿、最近は晩御飯を食べるとすぐ眠たくなるようで、よく食べながら寝ます。ほとんど寝かしつける必要がないので楽です。

 


お手伝い
暁音はお手伝いが大好き。いい奥さんになれそうですが、お父さんは結婚に断固反対します。

 


ハリネズミ発見
5月17日朝、車を運転中になんとハリネズミを発見。近所でもたまに見かけるという噂は聞いていましたが、初めて遭遇しました。車道に近いところにいたので、そっと歩道の奥に移動させました。

 


ある日の一誠
お笑いコンビ、クリームシチューの上田晋也に似てません?
似てませんか・・・そうですか・・・。

 


ダンシングナイト
Kindy(幼稚園)で催されたイベントでの写真。子供よりもはっちゃけた先生が印象的です。

 


七夕
ニュージーランドでも七夕をしてみました。願い事は「おかあさんになりたい」だそうで。なんで左右反対に字を書くんだろ。来年は「おとうさんとけっこんしたい」で頼む。

 


一誠 誕生日
一誠も無事3歳になりました!ケーキは一誠の大好きなディズニー映画の「Cars」です。左はフレンド作、右は妻作です。

 


雹(ひょう)が降る
オークランドではたまーにひょうが降ります。バイクで走っている時に遭遇するとかなり痛そうです。

 


動物園にあるオブジェで
天気のいい日に行った動物園での1コマ。一誠は晴れていても長ぐつが好きです。

 


一誠のサッカー
我が家の中村俊介(長靴仕様)。結構上手にボールを蹴れるようになりました。

 


暁音のサッカー
我が家の大和撫子。負けず嫌いなので、小さい相手にも容赦ありません。走るのは早いのですが、ボールを蹴るのはまだまだ苦手な様子。

 


ある日の寝姿2
今度は一誠と暁音のツーショット。やっぱり暁音はタダものじゃない気がします。

 


ブッシュウォーク
8月8日 – 気持ちよく晴れたので朝からブッシュウォーク(森の散策コース)に行ってきました。1Kmほどの行程をゆっくり歩きました。もうすぐ冬も終わり。春の息吹をたくさん感じることができました。

 


春の息吹


息子を描いてみた

前から時間があったら子供の絵を描いてやろうと思っていたんだけど、ついつい書きそびれていました。

 

CGで書くという方法もあるけど、それだとやっぱり「ぬくもり」が伝わらないなぁと今ひとつ乗り気になれませんでした。何より似顔絵は苦手なんですね・・・。
でも先週、一念発起して画材屋さんに行って、鉛筆とスケッチブックを買ってきましたよ!

 

っで、早速昨日の月曜日、まずは息子からトライしてみました。

 

ちゃんとスケッチブックに向かって書くのなんて何年振りだろう・・・。
描き始めは、どこから手をつけていいのか全く判らなくなっていました。
でもまぁ、やっぱり手か感覚かが覚えてたのかその後はまぁまぁのペース。

 

スケッチブックもお手軽サイズを買ったので、1時間ちょっとで完成。

 

 

 

「タイトル:一誠くん」

(クリックすると拡大するよ)

 

また今度は娘の暁音ちゃんを書くつもり。今日は落書きのコーナーなのでオチなしです。

 

↓ 次も見たい!っという方はボタンをクリック!


夜釣りに行ってきた

こんにちは。シバ兄です。
最近、ブログこまめに付けています。たぶんもうすぐ力尽きると思いますが、生暖かく見守ってください。

 

さて今回の記事は、先週金曜日に夜釣りに行った時の話です。

 

秋といえども、夜はかなり冷え込むようになってきました。でも今年あと一回は釣りに行きたかったので、夜8時の満潮目指して釣りに行ってきましたよ。

 

風は強め・・・。しかも到着してすぐ小雨がパラパラ・・・。でもボウズでは帰りたくない!っと腹をくくって釣り糸を垂らし、なんとか小アジ2匹を釣りあげました。(でも隣にいたアイランダー系の人らはもう少し釣れてて軽くShit。)

 

さて、今日は趣向を変えて魚をさばくところを写真に収めてみました。素人調理なので突っ込みは御無用。

 


収穫した獲物の小アジ二匹。サイズが小さいので焼いてもよかったんですが、新鮮なものは何でも刺身にしたくなる性分で、やはりこれも刺身にすることに。

 


お口の中からコンニチハ!じつはこれ、アジの口に寄生している「ウオノエ」という虫。小ぶりのアジの5割以上にこいつがいます。一説によると食べても大丈夫らしい。詳しいことはこちら↓
http://musi.s6.xrea.com/nikki16.htm

 


新聞紙をまな板の上に置いて調理すると、魚臭さがまな板に移らず、ごみも簡単にポイできるので便利です。
まず、頭とハラワタを落とします。これで寄生虫ともバイバイ。魚の後頭部あたりから前ひれの後ろに向けて切り落とし、首下から肛門あたりまで腹を裂いて内臓をかきだします。尾も邪魔なので落としちゃいましょう。ここで最初で最後の水洗いをします。

 


中骨に包丁を当てながら頭のほうから滑らせて、三枚におろします。そして頭のほうから皮をペリペリはがします。ウロコやゼイゴも一緒にはがれますが、ウロコが身に付着しないよう、前段階で先にウロコを落としておいてもいいです。

 


次に腹骨と血合骨を除きます。腹骨はちょうど肋骨みたいな骨、血合骨は中骨から水平に伸びる骨です。腹骨はうすーくそぎ落とし、血合骨はピンセットみたいなので抜き取ります。毛抜きのピンセットでもOKですが、やはり専用のものは使いやすいです。あとは皿にならべて完成。ちょっと冷蔵庫で冷やしてから食べるとおいしいですよ。

 


次の日の朝。今回は数が少なかったので、刺身はそれをこよなく愛す我が子供らの胃袋へ直行。この笑顔を見るとまた釣りに行きたくなるんですよね。

 

↓私も食べたい!っと思った方はポチしてね


家族旅行

いや?、また1カ月以上更新をすっぽかしてしまいましたシバ兄です。日本から遊びに来てくれていた母と姉とその子供たちも、計画通りの日程を終えて無事帰国しました。

 

それ以外には生活に大きな変化もないので(永住権も何のおご沙汰もない)今回はその時の写真を掲載したいと思います。
(母と姉の了解を得ていないので、僕ら家族のぶんだけ)

 


とりあえず、みんなと定番の海へお出かけ。われら出身地の奈良には海がないので、たったこれだけでも旅行気分!?

 


コロマンデル半島に近いところにあったガーデンパーク。手入れされた広い敷地、そこから少し登ったところには滝もありました。

 


ニュージーランドの旅行と言えば長距離運転は当たり前。でも天気がいいと、とても気持ちいい。

 


タウランガでカヌーしてみました。最初はなかなかスピードが出せませんでしたが、慣れてくると結構面白い。

 


ニュージーランド名物のひつじの毛刈りショー”Agrodome”。いろんな羊を紹介してくれたり体験させてくれる。あとヘッドホンを付けるとちゃんと日本語でしかも面白おかしく説明してくれる。それがエンターテイメント的で想像以上に楽しかったです。

 


遠くにゾーブ(ZORB)をやっている所が見えたのでパシャリ。これもニュージーランド名物ですよね。やってみると面白いのかな?

 


これは Freefall Xtreme というアクティビティー。下に巨大な扇風機があって、体が宙に浮くというもの。思ったより風圧はなかったけど、竜巻とかで人が舞い上がってしまうのはこんな感じなんだぁと思いました。でもまぁ大雨の日にバイクで高速道路を突っ走るよりはスリルがないな。

 


これは Swoop というアクティビティ。寝袋みたいなのに入ってブランコします。バンジーを含めてなんでニュージーランド人はこういうのが好きなんだろ。スリルだけならバイクのほうが(ry

 


これはウォーターラフティング(Water Rafting)。写真奥の滝から下ってきたところです。結構スリリング。陽気なKiwiと触れ合えるし、夏のアクティビティとしてこれはお勧め!

 


ここは、ロトルアのガバメント・ガーデン。町の中心地にあるきれいなお屋敷。広くて整備された公園はむちゃくちゃ気持ちいいです。

 


ここもロトルア。市街から少し外れるとそこには雄大な木々がそびえ立つレッドウッズフォレスト(Redwoods Forest)というウォーキングコースがある。へたなアクティビティより、こういうのがニュージーランドらしいよね。

 


タウポのフカフォール。ここに来るのは2度目だけど、この凄まじい水量と鮮やかなブルーはいつ見ても圧巻です。

 


最後は乗馬体験。ニュージーランドの乗馬と言えば、いきなりがっつり歩きます。丘へだけじゃなく、茂み、森、場合によっては海に行くことも。

 

他にもMt.Edenの夜景とか、Waitomo Cave の土ボタル、Maoriショーなんかも見たよ。
なんか写真ばっかりですみません。もう少しこまめに更新できるようもう少しがんばります(願望的)。

 

 

ブログランキングに参加してみました。
もっと更新しろよ!って方は↓をポチっと押してください。


小春日和に空へ舞う

ニュージーランドの冬も終わりに近づき、寒さも和らいできた今日この頃。社長が家族全員を自宅のパーティーに誘ってくれました。おいしい料理とお酒をたくさんいただいて、お風呂いただいて、そのままお泊りコースへ(´・ω・`)・・・。

 

テヘ・・・。

 

それ自体もすごく楽しかったんですが、次の日の朝が最高に気持ちよかった!
ひさしぶりの快晴!

 

Welcome back ! New Zealand !!!
春きたーーーーーーーーーーー!

 

 

 

 

写真では伝えられないけど、180度パノラマで見る緑は、本当に気持ちいい!あんまり気持ちいので、子供達も一緒にはしゃぎまくりです。

 


にわとり小屋でエサやり

 


ついでにおとーやんも、大はしゃぎ。

 

 

スパでゆったり風呂気分。もはや我が家のようにくつろぐいでいたら、社長がいきなり・・・
「今日はひさしぶりのいい天気だから、飛行機に乗せてあげる
って・・・・・

 

 

サラニ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
社長!どこまでもついていくっす!!

 

 

 



子どもたちは大興奮
!息子はヒコーキ!スゴ!ヒコーキ!スゴ!(飛行機すごい)と大喜びです。

 

飛行機は大人4人乗りで、なんとか社長と僕たち家族が全員乗れました。思ったより中は広い感じ。いろんな計器がついていて楽しそうです。
燃料を補給して、いざ発信!
ブルブルルルルルルルルルルルル。

 

ちょっと車で急加速したようなGを感じながら、あっという間に離陸したセスナ機。みるみる小さくなっていく家とか羊。機内は大興奮の渦に!

 

 

いつもの通勤路が、よく潮干狩りをするあの浜辺が、釣りをした磯が眼下を過ぎていきます。一面の緑、美しくきらめく屋根。うーん!やっぱりニュージーランドだーーーー!

 


機内の子供たちの様子

 

でも、やはり大型旅客機と違って結構風の影響を受けるらしく、期待はときたま上下にふわん、ふわんしました。30分ほどの飛行だったと思いますが、子どもたちはあえなくグロッキー化
飛行機を降りた後、子供たちを車に乗せようとしたところ、あかねがだだをコネてなかなか乗りたがらなかったのですが、
ほら、早く!ラーメン食べに行くよ!」っと言ったら沈静化

 

その後約束通り、Browns Bay の宝ラーメンで、とんこつラーメンと味噌ラーメンを食べて、近くの浜辺で遊んで帰りました。

 

日本でなかなか味わえない休日を提供してくれた、社長ご家族に感謝感謝の休日でした。


一時帰国からNZに戻って

前回の続きから・・・

 

日本に(しばらくの間)家族を残し一人戻ってきたニュージーランド。

 

日本での生活が忙しかったとはいえ、友達や家族、親族に暖かく迎えられ充実した日々だったように思います。でも、そこからいきなり一人暮らしの生活に戻されてみました。

 

日本では「最初はさみしくないだろうけど、少しずつさみしくなるんだろうな」とか、考えていましたが、初日で既に相当さみしくなってしまいました。人って本当弱いもんですね。(俺だけ?)(ヤバイ度★★)

 

しかも帰ってきてすぐ次の日の夜、39度近くの熱と頭痛にうなされました。ベッドから出ることもままならない状態になってしまい、ますます家族のいない寂しさ&苦しさを体験しました。(ヤバイ度★★★)

 

家族のいない3ベッドルーム(3LDK)は一人には広すぎて、壁に貼ってある子供の写真を見ては話しかけたりしてました。(ヤバイ度★★★★★)

 

でもせっかく得た機会なので、一人暮らしも楽しもうと普段は行けない釣りにたくさん出かけてみました。あまり釣れませんでしたが・・・・ガッデム。
また、この期間に料理の腕も磨こうと、本を見ながらいろいろチャレンジしてみました。本を見ながらチャーハンを作ってみたのですが、これが絶品!でも家族と食べれないのがやはりさみしかったです。

 

 

やっぱり、俺にとってはなんだかんだいって、家族との生活こそが生甲斐なんだなと思いました。

 

 

一人になって2週間ほど経った後、一人暮らしにはずいぶんなれたけど、あの気持ちだけは忘れないようにしたいと思いました。

 

 

10月1日
妻と子供たちを空港まで迎えに行きました。家に戻り、その日の最初の食事はあの、覚えたてのチャーハンを作りました。子育ては大変だけど、やっぱり家族はいいなと思いました。

 

 

10月10日
やっぱり一人暮らしも捨てがたいと思うこともあるとかないとか。


日本に一時帰国して

NZにも春が訪れました。

 

庭の雑草はすくすく伸び、妻が植えたコリアンダーは見事に長けて美しい花を咲かせております。皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今月初旬、私が日本に一時帰国していたころのことを少し日記にしてみます。

 

帰国していたのは、私は8月31日?9月11日まで(仕事があるので)。
妻と子は僕より長めの9月末までの予定でした。

 

10カ月近く日本を離れていたので、道路の狭さであるとか、窮屈感を感じるであるとか、逆カルチャーショックを受けるかと思っていたのですが、半日ほどでかなり馴染んでしまいました。

 

ただ故郷にはそれなりの変化があり、パチンコ店やコンビニが潰れていたりするなど、それなりに過疎化が進んでいたようです。ガッデム。

 

現地10日間の予定だったので、毎日あわただしい日々でした。前の勤め先を訪れたり、友人と会ったり、保険や年金の手続きや買い物など、あと3日滞在期間が延びたとしても予定はすぐに埋まったでしょう。

 

一番驚いたのは日本食のうまさ。日本にいる間には気づきえない、そのすばらしさに、毎晩の食事が楽しみでしかたありませんでした。

 

 

そんな感じであっという間に最終日を迎えるに至り、いよいよお別れの時が近づきました。

 

家族に見送られ出国ゲートをくぐります。前回日本を離れるときは、まだニュージーランドの生活を実感していなかったこともあり、それほど離れる事に対して実感がなかったのですが、今回は違いました。

 

最後まで見送ってくれる家族に手を振りながら、こぼれそうになる涙を必死で押さえました。本当に家族というのはありがたいものだと思いました。

 

そんな感じでニュージーランドに戻ってきたわけですが、その後のことは次の日記でまたご紹介したいと思います。