自作PCパーツの注文先が倒産

こんにちは。シバ兄です。

 

実は今、とある人の依頼でパソコンを組み立てています。
パソコンの組み立てとは、パソコンを構成するパーツを部品単位で買って、自分ブランドのパソコンを作ることです。

 

効能としては、市販では売っていない高性能なパソコンを作ったり、ある用途に特化したパソコンを作ったりします。

 

今回はズバリ静音パソコンの作成。

 

依頼者は音楽のレコーディングをパソコンでしたいけど、パソコンの動作音が一緒に録音されてしまって困っているということでした。

 

早速、ニュージーランドでも手に入る、なるべく動作音の少ないパーツを探しました。設計としては、CPUファンすら付けない超静穏PCを目指しました。

 

一通り注文するパーツが決まったので、送料や今後のサポートのことも考えて、ある1社にまとめて注文をしました。

 

注文した会社は C1 Shoppingmall という会社。
去年、僕が同じようにパソコンを自作した時、安くて対応もよかった会社でした。

 

注文して早速銀行振込みをしました。いつもなら数日以内に商品が届いていたのですが、今回は違いました。1週間、2週間経っても商品が送られてきません。気になったのでメールで問い合わせたところ「システムの問題で発注が遅れています」ということ。

 

しばらく経って「発送しました」メールが来てほっとしていたら、届いたパーツは9種類注文したうちの3種類。残り6種類は取り寄せ中になっています。注文したパーツは全て在庫ありだったはずなので、再び問い合わせメールを送りました。

 

しかし、それからは待てど暮らせど、返信がありません。

 

さすがに様子がおかしいと思って電話をしたら電話も通じません。ホームページも表示されません。ますます怪しいと思ってインターネットで調べてみてわかったこと。

 

C1 shoppingmale 倒産
C1 shoppingmale 倒産に関するフォーラム

 

やられました・・・。

 

最後にメールを送った次の日に倒産していたようです。関連情報を見てみると、倒産寸前まで注文を受け付けていたようで、本当に突然の閉店でした。

 

被害総額 約$1200(約7万円)

 

倒産後すぐに、店舗がもぬけの殻になっていたらしいので、これは本当に詐欺。

 

なんか日本のPCサクセス事件を思い出しましたよ。
(当時愛用していた会社で、2007年に今回と同じように倒産した)

 

すでに手元にはいくつかのパーツも集まっていたので、結局別の会社で残りパーツを発注し、現在はセットアップを完了してなんとか納品できる状態になりました。

 

こういう時は、落ち込むよりも、どう対応するかが一番重要と自分に言い聞かせ、ひと段落ついたのでブログにしました。

 

しかしひどよなぁ、、、本当に、、、。

 

↓かわいそう?っと思った方はポチっとな


夜釣りに行ってきた

こんにちは。シバ兄です。
最近、ブログこまめに付けています。たぶんもうすぐ力尽きると思いますが、生暖かく見守ってください。

 

さて今回の記事は、先週金曜日に夜釣りに行った時の話です。

 

秋といえども、夜はかなり冷え込むようになってきました。でも今年あと一回は釣りに行きたかったので、夜8時の満潮目指して釣りに行ってきましたよ。

 

風は強め・・・。しかも到着してすぐ小雨がパラパラ・・・。でもボウズでは帰りたくない!っと腹をくくって釣り糸を垂らし、なんとか小アジ2匹を釣りあげました。(でも隣にいたアイランダー系の人らはもう少し釣れてて軽くShit。)

 

さて、今日は趣向を変えて魚をさばくところを写真に収めてみました。素人調理なので突っ込みは御無用。

 


収穫した獲物の小アジ二匹。サイズが小さいので焼いてもよかったんですが、新鮮なものは何でも刺身にしたくなる性分で、やはりこれも刺身にすることに。

 


お口の中からコンニチハ!じつはこれ、アジの口に寄生している「ウオノエ」という虫。小ぶりのアジの5割以上にこいつがいます。一説によると食べても大丈夫らしい。詳しいことはこちら↓
http://musi.s6.xrea.com/nikki16.htm

 


新聞紙をまな板の上に置いて調理すると、魚臭さがまな板に移らず、ごみも簡単にポイできるので便利です。
まず、頭とハラワタを落とします。これで寄生虫ともバイバイ。魚の後頭部あたりから前ひれの後ろに向けて切り落とし、首下から肛門あたりまで腹を裂いて内臓をかきだします。尾も邪魔なので落としちゃいましょう。ここで最初で最後の水洗いをします。

 


中骨に包丁を当てながら頭のほうから滑らせて、三枚におろします。そして頭のほうから皮をペリペリはがします。ウロコやゼイゴも一緒にはがれますが、ウロコが身に付着しないよう、前段階で先にウロコを落としておいてもいいです。

 


次に腹骨と血合骨を除きます。腹骨はちょうど肋骨みたいな骨、血合骨は中骨から水平に伸びる骨です。腹骨はうすーくそぎ落とし、血合骨はピンセットみたいなので抜き取ります。毛抜きのピンセットでもOKですが、やはり専用のものは使いやすいです。あとは皿にならべて完成。ちょっと冷蔵庫で冷やしてから食べるとおいしいですよ。

 


次の日の朝。今回は数が少なかったので、刺身はそれをこよなく愛す我が子供らの胃袋へ直行。この笑顔を見るとまた釣りに行きたくなるんですよね。

 

↓私も食べたい!っと思った方はポチしてね


心の汗

「涙は心の汗」とは、うまいこと言った人がいるなぁ。

 

最近、なんだか息苦しくてストレスを強く感じる毎日が続いていたので、昔感動した動画を探してまた見てみました。

 

「ありがとう」って言いそびれたヤツいる?
※音声があるので注意

 

僕の父親は、ちょうど僕が小学校を卒業する年の12月に突然死にました。その後しばらくは身近な誰かが突然死ぬのじゃないかとおびえて過ごしました。明日家族の誰かが死んだらどうしようと今でも思えます。だから僕は家族に一番やさしくありたい。

 

いろんな感動の中で生と死にまつわるストーリーほど人に与えるインパクトのある物語はないと思ます。そんな物語が毎日どこかで起こっているのかと思うだけで、自分の抱える問題がちっぽけに思えて、なんだか心が癒されました。

 

父親はあの日に死んだけど、僕の中では確実に生きていて、家族の大事さ、父親の大事さを教えてくれます。

 

 

 

 

あぁ、、、

 

 

 

ひとしきり思いのたけを垂れ流したら

大きな大便が出た感じ

ですっきりしました。

 

 

明日からニュージーランドは4日間の連休だし?
っと最後に雰囲気をぶち壊して、いつもの生活に戻るのでした。

↓ちょっとでも良い話と思った人はクリック


家族旅行

いや?、また1カ月以上更新をすっぽかしてしまいましたシバ兄です。日本から遊びに来てくれていた母と姉とその子供たちも、計画通りの日程を終えて無事帰国しました。

 

それ以外には生活に大きな変化もないので(永住権も何のおご沙汰もない)今回はその時の写真を掲載したいと思います。
(母と姉の了解を得ていないので、僕ら家族のぶんだけ)

 


とりあえず、みんなと定番の海へお出かけ。われら出身地の奈良には海がないので、たったこれだけでも旅行気分!?

 


コロマンデル半島に近いところにあったガーデンパーク。手入れされた広い敷地、そこから少し登ったところには滝もありました。

 


ニュージーランドの旅行と言えば長距離運転は当たり前。でも天気がいいと、とても気持ちいい。

 


タウランガでカヌーしてみました。最初はなかなかスピードが出せませんでしたが、慣れてくると結構面白い。

 


ニュージーランド名物のひつじの毛刈りショー”Agrodome”。いろんな羊を紹介してくれたり体験させてくれる。あとヘッドホンを付けるとちゃんと日本語でしかも面白おかしく説明してくれる。それがエンターテイメント的で想像以上に楽しかったです。

 


遠くにゾーブ(ZORB)をやっている所が見えたのでパシャリ。これもニュージーランド名物ですよね。やってみると面白いのかな?

 


これは Freefall Xtreme というアクティビティー。下に巨大な扇風機があって、体が宙に浮くというもの。思ったより風圧はなかったけど、竜巻とかで人が舞い上がってしまうのはこんな感じなんだぁと思いました。でもまぁ大雨の日にバイクで高速道路を突っ走るよりはスリルがないな。

 


これは Swoop というアクティビティ。寝袋みたいなのに入ってブランコします。バンジーを含めてなんでニュージーランド人はこういうのが好きなんだろ。スリルだけならバイクのほうが(ry

 


これはウォーターラフティング(Water Rafting)。写真奥の滝から下ってきたところです。結構スリリング。陽気なKiwiと触れ合えるし、夏のアクティビティとしてこれはお勧め!

 


ここは、ロトルアのガバメント・ガーデン。町の中心地にあるきれいなお屋敷。広くて整備された公園はむちゃくちゃ気持ちいいです。

 


ここもロトルア。市街から少し外れるとそこには雄大な木々がそびえ立つレッドウッズフォレスト(Redwoods Forest)というウォーキングコースがある。へたなアクティビティより、こういうのがニュージーランドらしいよね。

 


タウポのフカフォール。ここに来るのは2度目だけど、この凄まじい水量と鮮やかなブルーはいつ見ても圧巻です。

 


最後は乗馬体験。ニュージーランドの乗馬と言えば、いきなりがっつり歩きます。丘へだけじゃなく、茂み、森、場合によっては海に行くことも。

 

他にもMt.Edenの夜景とか、Waitomo Cave の土ボタル、Maoriショーなんかも見たよ。
なんか写真ばっかりですみません。もう少しこまめに更新できるようもう少しがんばります(願望的)。

 

 

ブログランキングに参加してみました。
もっと更新しろよ!って方は↓をポチっと押してください。