クリスチャンになりました

どもも?!シバ兄です。

 

ニュージーランドに居る友人はすでにご存知かと思いますが、わたくし実はクリスチャンになりました。1年半前くらいから毎日曜日には教会に通っていたのですが、今年2月に洗礼式を受け、晴れてクリスチャンの仲間入りをしたことになります。

 

元々無神論者頭のかたーい僕ですから、クリスチャンになるまでは聖書に書かれる非現実的な物語にいろいろツッコミを入れてはクリスチャンになることを拒んできました。

 

クリスチャンの思考を例えていうにこういう話があります。

 

 

ある日、1人のクリスチャンが交通事故に遭いましたが、奇跡的に無傷でした。この事を周りのクリスチャンと共に「神様の御業」と褒め称えました。

 

ある日、またそのクリスチャンが交通事故に遭いましたが、今度は足を複雑骨折してしまいました。しかし今回も周りのクリスチャンと共に「私は生かされている」と神を褒め称えました。

 

そしてある日、またそのクリスチャンが交通事故に遭い、今度は不幸にも命を落としてしまいました。それでも周りのクリスチャンは「神に召された」「意味のある死だ」と神を崇めました。

 

 

クリスチャン思想の根本というのは、どんなことに対しても神が介在し、それがどのようにあっても肯定されます。
それが無神論者には滑稽に映るかもしれないのですが、その実クリスチャンの多くは活き活きと日々の生活を送っています。
悩みや問題を抱えた人たちの話をよく聞き、そして助けるクリスチャン。
そんな彼らのサポートができればと、無神論者でありながら陰ながらサポートできればと思い、クリスチャンに交じっていろんな活動に参加してみました。

 

そのうちに

 

・今、科学で定説とされていることは必ずしも正しいと言えないこと
・聖書の真偽を科学的根拠にあてはめることは無意味に思えるし、そもそも自分の頭脳だけでそれらを解明するには完全に力不足であるということ
・もともと無神論者なので、クリスチャンになるリスクはほとんどないこと
・ご先祖様の霊的存在や超能力の類など、そもそも証拠や根拠のないことを信じているということは、信じるということはそういった証拠や根拠が必須でないこと
・幸せで満ち足りた人生を送りたいということ

 

みたいなことに気が付き、自分も神様を信じてみたいなぁっと思うようになりました。(ここまで考えを至らせるのに、また実際クリスチャンになるまでにも沢山の道のりがあったのですがそれはまた別の話で)

 

でもクリスチャンになったからといって、いきなり聖人のようになるわけではありません。正直自分の質というのはまだほとんど変わっていないと思います。そしていつかクリスチャンであることをやめる日が来るかもしれん(そんな日が来てほしいとは思いませんが)。

 

他のクリスチャンから見たらどう映るか判らない僕ですが、そんなゆっくりした歩みの中で少しずつ前に向かっていきたいなーっと思っています。

 

 

ちなみにホームページの改造ですが、まだ着手していません。全然企画段階なのでしばらくこのまま続けるかも・・・。
でわわ?。

 


洗礼式
2010年2月のクリスチャン合同キャンプにて