車とバイクが到着したよ!

※この日記は12/21記入しています。

 

みなさん!こんちわ!

 

今日は、ついについに
日本で送っていた車が準備を終えて乗れるようになりました!

 

車自体は5日前には届いてバイクはすぐに引き取れたんだけど、
車のほうは一部でオイルもれやらが見つかったとかで、4日ほど伸びてしまったのだ。

 

でも、どちらのほうも業者の方(Take1さん)が本当によくしてくれたので
手続きとかは全然苦労しませんでした。

 

レンタカーしていたセダンにさよならして、久しぶりに乗り込む愛車。
ミニワゴンなので、いきなり座席が高くなって少し緊張したけど、
本当に嬉しかった!
車を輸送するのは結構お金もかかったけど、
既に乗っている車が気に入っているなら、その価値は十分にあると思った。

 

ついでに車の後ろにいくつか荷物を載せてきたけど、ほとんど盗まれること無く無事到着!
ただ、車内のはめ込み式バックミラーと、シガーライターにつけていたライトが無くなっていました。がっでむ。

 

やはり盗まれないコツは
1.換金率の悪そうなものを乗せること
2.大きい荷物を載せること。
3.興味をそそられなさそうな荷物を載せること
だと思いました。

 

まさか、3輪車を盗むやつはいめぇ。

 

ではまた!


インターネットが遅いよぉ

こんちは。
なかなか日記を更新できないシバ兄です。

 

実は、現在すんでいる家のADSL契約が切れてしまったようで、現在33.6Kbpsの電話回線を使用した、日本では絶滅危惧種に指定されているほど劣悪なネット環境で生活しております。

 

本当は、写真をアップしながらいろいろお見せしたいのですが、残念この上ねぇっす。

 

33.6kbsというのは、1秒間に33.6Kビット(bit)を送受信できるということ。
8bit = 1byteなので、一秒間に送受信できるデータ量は約4kbyte程度である。

 

写真のデータ量が、もし1,000Kbyteなら、送信するのに4分以上かかってしまう。
これはあくまでも理論値で、パケットロスや、通信のラグなどの障害が起これば、さらに2倍の時間がかかることもある。

 

 

そんな技術的なことを長々と書いて、ただでさえ少ない読者をばっさり切り捨てたところで日記に戻る。

 

 

今日は朝から晴れ!っといっても夜あ雨が降っていたようでバルコニーが少しぬれている。

 

夜の間、干し続けていた洗濯物は無残な姿をさらしていた。

 

 

そんな状態であっても、もう一度洗濯したりしないのがKiwi(ニュージーランド人)流。
こっちの天気はコロコロ変わるので、たとえ雨が降ってぬれても「雨なんてただの水」と、いちいち気にしないようだ。

 

今日はJAPAN DAYと言って、年に一度の日本人主催ビッグイベントがあって、それに参加してくる予定だ。久しぶりに日本の味を堪能できるかもしれない。
(あとで写真をアップするかも)

 

まぁ、こっちの生活にも慣れてきて、ずいぶんと快適に暮らせるようにはなってきた。仕事も結構たのしい。子どもたちもとても元気だ。

 

っと、実家に電話で連絡するような事をつらつらと書いたあと、ネタが無くなり、落ちも作らず、今日の日記を終えるのであった。

 

アデュー


不動産をあれこれ見てきた

昨日、Northの方で賃貸に出ている家を片っ端から10件ほど見て回った。
(Northとは、オークランド市街の北のほうを指します)

 

暁音も一誠も、この日はすごくよい子で、長時間の車の運転にも割と機嫌よくしてくれた。
親孝行な子ども達だこと。

 

ちなみにこちら、ニュージーランドで賃貸を見て回るのは、日本とかなり違う。
日本であれば、不動産の人があちこちの物件を一緒に回ってくれて、その時に中も見せてくれるが、こちらは、賃貸に出ている家のリストをもらって、自分でその家を見て回る方式だ。そのうち、気に入った物件があれば、それを管理している不動産に連絡を入れて、中を見せてもらう。

 

気に入ったところはすぐ埋まってしまうらしく「少し考えさせて」がなかなか通じないらしい。

 

あと、ニュージーランドの日本人社会は本当に狭いと感じる。

 

賃貸を見終わり家に帰ってきて、ニュージーランドのコミュニティーサイトを見ていると、偶然「売ります買います」というページに、今日見て回った賃貸物件の1つを出ようとしている人の投稿があったのだ。

 

こんな偶然、あるだろうか。

 

他にも、職種や住んでいる地域を問わず、なんらかの活動をしている人の名前は、会う人、会う人、ほとんどの人が知っている。
僕が初めて知り合った人に、自分の友達の名前を言うと「あぁ、その人知ってる」なんてことは日常茶飯事。今度仕事でホームページを作ることになりそうなのだが、その会社の社長さんは友達の友達の知り合いだそうだ。

 

こんなに狭い社会のなかで、もし悪い噂なんかが広まったら、、、考えるだけでも恐ろしいと思った。まぁおいらは、、其の辺は、、、、大丈・・・夫?

 

変な日本人と思われるくらいでセーフだろうか・・・

 

ほなまた。


ニュージーランドに着いたよ!

なかなか、日記を更新できずに来たが、今日はなんとか22時半ごろから余裕ができたので、今までの分をまとめて書くことにした。

 

11月4日
ついにニュージーランドに着きました!

 

早速、契約してあったレンタカーを借りて、最初に住むべき借家に移動しました。
半年前に一度、車の運転はしているし、地図の見方とかも経験していたので、すんなり到着することができました。

 

その後、Mixiで知り合った方が来てくれて、自宅周辺のスーパーや市街の方を案内してくれました。おかげでニュージーランド到着初日にしては、かなり良いスタートを切ることができました。

 

11月5日
昨日教えてもらった場所などを自分なりに探索。他にも大きそうな店の中などをうろつきました。
妻と子供が来てからでは、なかなか自由な時間が持てないかもしれないので、インターネットなどでは調べられないような情報を収集することに注力しました。

 

その後、ニュージーランドの知人宅にお邪魔して、いろいろ教えていただいた上にお食事まで頂いてしまいました。ムール貝を使った料理は絶品でした。その後今日までに数回、自宅でもこのムール貝を食しております。

 

11月6日
妻と子供を空港まで迎えに行く。たまたま、タウランガに住んでいるKiwiの知人、ダイアンもお迎えに来てくれるということで、空港で合流した。その時の写真が以下。

 

 

その後、Silvia Parkに食事に行った。Silvia Parkは、すごく大きいショッピングセンターだ。まだ全部は完成していないが、もし完成したらニュージーランドで最大のショッピングセンターになるらしい。欲しいものは大体揃うし、結構安いようだ。

 

ダイアンは本当にいい人で、9日にタウランガに帰るまでいろいろ手伝うといってくれた。

 

11月7日
午前中は、不動産物件をあれこれ探しに行った。
今の住まいはあくまでも仮の住まいなので、次の住処を探さなくてはいけない。
そして、この日一番の大きな仕事は、冷蔵庫の受け取りだった。
実は、今の住まいには冷蔵庫がなかったのだ。そのため、食事のほとんどを外食する必要があったのだが、これで自炊できる・・・何より冷えたビールやワインを飲めることが嬉しい!

 

っということで、夜は食材を買いに行った。
ムール貝とステーキを食べた。この国は外食は結構高く感じるが、スーパーで買う食材は本当に安い。そしておいしい!太らないよう注意しなくては・・・

 

 

11月8日
今日も、午前は不動産物件を見て回った。
面白い物件もあって、ぜひ検討してみたいところもあった。

 

お昼からは、いよいよ初出勤というか打ち合わせというか仕事に出かけた。この仕事は半年前、ニュージーランドで面接を受けたとある会社から一先ずパートとして採用してくれるということになっていた。

 

僕がニュージーランドに居れる期間は1年間。それまでにワークビザに切り替えていかなくてはいけない。そのためには、いろいろ経験をつんで、早く戦力として活躍できるスキルを身につけることだと思う。
打ち合わせの内容は、結構未来のある話で、ボスも結構親身に考えてくれているようで希望がもてた。

 

そして今日からなんと、Mixiで知り合ったカップルと20日まで一緒に暮らすことになった。
家をシェア(共同利用)するのだ。
この人は僕と同じ年齢で、目的も境遇も似ている。しかもパートナー(妻、彼女)同士も年齢が近い。
初めての経験なのでいろいろあるかもしれないが、今のところ本当に楽しく過ごしている。

 

11月9日
今日は本当に寒かった。そして、晴れと雨を繰り返すような天気だった。
ニュージーランドの天気は本当に読みにくくて、物凄く晴れたと思ったら10分後には嵐のようになっていることもある。
現在の住まいには洗濯機がないので、しかたなくランドリーにいくのだが、洗う→干す→雨にぬれるでなかなか思うように進まない。室内干しの重要さを実感した。

 

今日は、家をシェアしているカップルの方が夕食を作ってくれた。これがめちゃ旨かった。
暁音や一誠も、良くなついていて、本当に助かっている。

 

そして夜、日本の実家に電話した。
母と話していると、やはり寂しさが伝わってくる。自分は親不孝者だなぁと思う反面、それをバネにして必ず目標達成してやると強く思った。


日本を旅立って・・・

今、この日記を韓国行きの飛行機内で書いている。
機内にノートパソコンを持ち込んでいるので、それを使って入力しているのだ。
そして、ソウルのインチョン空港のインターネットサービスから、投稿している。

 

結局、というかやはりというか、家を出る寸前まで忙しくバタバタした。
空港に向かう途中、またついた後もそれほど、日本を離れるということに対する実感はなかった。

 

実感が少しずつ出てきたのは、本当に最後、出国ゲートをくぐる時だった。
見送りに着てくれたみんなが手を振って、がんばってといってくれている。
僕も見えなくなるまで手を振った。

 

そしてフライト。
遠くなっていく日本を見ながら少し胸にこみ上げるものがあった。
この瞬間のためにこの半年やってきたんだなぁっと思う。

 

 

そのまま、日本にいてもよかったのかな。
俺はそれなりに満足できたんじゃないだろうか。

 

 

そういう気持ちも、ついつい沸き起こってきた。
やはり、生まれ故郷は捨てがたし。

 

しかし、ここまでやってきたのだ。
過去を振り返るのは今日ぐらいにして、明日からは気持ち新たにがんばって生きたいと思う。
この計画を必ず成功さえさせてやると、改めて決意した。

 

しばらくの間、さいなら!日本!っとその家族。


ついに出発日

応援のメールをいただいている方、
なかなか時間がとれず、こんなところから失礼します。

 

最終の荷物まとめに「やはり」手間取っています。

 

 

日付が11月3日なりました。まだAM.1:00ですが・・・

 

ついに、ついに、

 

ニュージーランドに旅立つ日が来ました。

 

 

現在、僕が持っていく荷物はなんとか98%くらいまで仕上がり、あとは最終チェックを残すのみとなりました。
荷物は、最後の最後で重量オーバー。かなりの重量ですが、なんとか空港で乗せてもらえるよう懇願してみたいと思っています。
いつも崖っぷちですね・・・

 

 

今日のこの日が来るまで、本当にたくさんの人から応援と励ましの言葉、また協力してもらいました。
この場をかりて、お礼申し上げます。ありがとうございます!

 

 

っと、いっても、実は私自身はまだ実感といえるほど感傷的でもないです。
なんか普通の引越しくらいにしか感じられていません。

 

あぁ、ついにこの日が着たんだというくらいのものでしょうか。
明日にはニュージーランドにいるというのに・・・

 

おそらく飛行機に乗る前、家族の見送りを見て初めて実感するんでないかと思います。

 

そしてニュージーランドに着いて思うのです。

 

 

早く帰りたいと

 

 

嘘です。

 

 

いつも全力投球の私ですから、ここで負けては男が腐る。
必ず、みんなに祝福されるような勝利を収めてやりたいと思います!

 

 

妻のためにも、
子供たちのためにも、
未来のためにも、
まだ見ぬ金髪ねーちゃんのためにも、

 

かならず、やりとげてみせますよ!

 

では!逝ってきます!

 

 

そして、今日はとりあえず寝ます!おやすみ!